ご挨拶

代表取締役 田村 儀昭

 当社は大正14年、地元の大根を使用した「たくあん漬」作りから始まりました。その後、伊豆特産のわさびを生かした「わさび漬」や「わさびのり」を製造し、近年、駿河湾特産の桜えびの風味の「桜えびわかめ」など、地元の特産品を漬物・佃煮として加工し皆様にお届けしてまいりました。

 また、平成24年に、障がい者の就労継続支援A型事業所「マリー」を設立し、障がい者の方20余名が当社の包装工場で重要な戦力として働いています。

  地元の恵みを生かした商品作りと、社会に貢献できる会社を目指してまいりますので、今後とも益々のご指導とご鞭撻をよろしくお願いいたします。

会社案内

会社名
代表者 代表取締役 田村 儀昭
所在地 〒410-0831 静岡県沼津市市場町21-1
TEL 055-931-0647
FAX 055-931-0127
創業 大正14年
設立 昭和26年
事業内容 わさび漬・わさびのり・酒粕・ミニカップ
資本金 1,800万円
従業員数 25名
決算 2月
URL http://wasabizuke.com

沿革

大正14年(1925年) 田村儀作が、たくあん漬の製造販売「田村商店」を創業
昭和21年(1946年) わさび漬、梅干,紅生姜などの製造を始める
昭和26年(1951年) 「有限会社 田村漬物店」を設立、田村儀市が二代目代表に就任
昭和51年(1976年) わさび漬を主とした漬物工場を建設
昭和57年(1982年) 包装工場、冷蔵庫、倉庫の工場を建設
昭和61年(1986年) 「有限会社田村漬物店」を組織変更し、「株式会社タムラ食品」を設立
昭和62年(1987年) 佃煮 (のり佃煮・わさびのり) の製造を開始
昭和63年(1988年) 佃煮工場 (製造所、第二包装所、保管庫) を建設、また、事務所を建設
平成2年(1990年) 冷蔵施設を建設
平成9年(1997年) 第三包装場、原料処理場を建設
平成13年(2001年) 田村儀昭が三代目代表に就任
平成18年(2006年) 冷凍倉庫を建設
平成22年(2010年) ミニカップ事業 開始
平成24年(2012年) 「株式会社マリー」を設立し、就労継続支援A型事業所「マリー」を開設
平成25年(2013年) わさび栽培事業 (田方郡函南町) 開始
「株式会社コーワ」 (卸売業) 設立
平成27年(2015年) 創業90周年
平成29年(2017年) 「株式会社コーワ」解散、タムラ食品が事業継承

アクセス